ASUS ZenPad S 8.0 をお絵かき用に導入するレビュー その1

ASUS ZenPad S 8.0 をお絵かき用に導入するレビュー その1

2021-12-11
スポンサーリンク

Xperia Z4 tablet を10インチのタブレットとして家用に Xperia Z3 tablet compact は変わらず外に持ち出す用として運用しようと思ったら、最新機器を持ち歩きたい気持ちと、Z2 tablet より一回りちいさくなりボディバッグにも入るようになってしまってZ4 tabletを持ち歩くようになってしまった。
そのまま、8インチのZ3 tablet compact を家用にと思ったが、もともと家でタブレットを使うようになった妻用にと、イラストが描けるタブレットを探していたら、ASUS ZenPad S 8.0 が見つかったわけ。

1024階調のペン Z stylus を使えば、傾きまでは検出しないまでも割と正確にお絵かきできるのではと買う前に調べて、気付いたら買っていた。Z3 tablet compact はドナドナされ、久しぶりに我が家に Xperia以外のタブレットが来た。
世の中ではSurfaceをはじめWindowsタブレットがお絵かきタブレットとして利用できるような兆候にあったが、どうも十万以上の投資になりそうなので諦めた。
Xperiaでもイラストを描けるんじゃないか? Androidでお絵描きを試したことがあった、プリンストンの スマートフォン・タブレット用アクティブスタイラス シルバー PSA-TPA2SV を購入してみたのだが、ペン先が2ミリで非常に優秀なタッチペンだったのだが、所詮タッチペンとしてしか機能せず、Z2 tablet上で描いてみるとまっすぐな線が引けなくて断念した。

ASUS ZenPad S 8.0 をレビューと参りましょう。
(お絵描き用のレビューはこちら、以下は基本的なレビューと Xperiaとの比較レビューです。)
8インチタブレットなので、箱は割と小さめ。
ASUS関連のソフトがそれなりに入っています。
消せないようなアプリはなさそうなので、いらないアプリは削除しました。
割と素のAndroidかなぁと思っていたのですが、設定を覗くと、とてもASUSのカスタマイズが入っていました。
デフォルトのホームランチャーも少し癖があります。直感的に操作が可能なので迷いませんが。

付属品は、充電アダプタとtypeC のmicro USBケーブル(これだけ注意)、各種冊子でした。

初めてのtype-C の USB。いつもは付属品使わないのですが、ケーブルだけ使うことにしました。
結構粗悪なケーブルも出回っているらしいので・・・。

画面のサイズは8インチですが、ディスプレイはアスペクト比4:3 なので、見た目はiPad mini のよう。
というか調べたら、大きさ同じみたいです。134.5 ×203.2 厚さは6.6 mmありますが、かなり薄い部類でしょう。
幡ヶ谷カバン製作所 CLUTCH FIT 8インチ用にぴったり。

Xperiaの代替でもあるので、Z3 tablet compactとも比較しておきましょう。
解像度は、2,048×1,536ドットで高精細ディスプレイですので、合格点。
重さは、298g で比べると重いですが、片手で持っても疲れない重さなので合格点。

電源ボタンの位置は優秀。真ん中より少し上に電源ボタンとボリュームボタンがあるので、片手持ったときに当たらない。これはZ3 tablet compactより優れています。結構重要。

背面の処理は、端に革風加工がしてあり、大部分の金属がヘアライン表面加工しているので、指紋や傷が目立ちにくくなってます。高級感もあって良いですね。

電子書籍は、アクペクト比がぴったりなので、読みやすいです。

隙間なく表示がされています。

nasneとの接続ですが、torne mobile では問題なかったのですが、
Video & TV Side show では、ホームネットワークから辿ると レンダラー機器が見つかりませんでした のエラー。
これは、(ソニーカスタマイズの)ビデオアプリがないためだと思います。

録画番組から辿るとプラグイン購入のメッセージが出て、1分のお試し視聴してみると、
AMP:6000_6xxx のエラーが出て、端末がVideo & TV SideViewプレーヤープラグインの最新の著作権保護機能に対応していないということでNGでした。番組表と録画予約だけに使って、視聴は、torne mobileでしようかと思います。
アスペクト比が災いして、黒帯が下に出てしまいますが、操作バーや番組表の分だと思えばいいか。くらいに、慣れの問題だと思います。

下にスワイプして出てくる各種トグルスイッチおよびクイックランチャーは、かなりASUSが加工していますが、やれることはXperiaのそれと変わらないです。電卓やメモくらいはスモールアプリで起動したいですが、そこは我慢です。

超省エネモードの搭載や、自動起動マネージャ、電池消費アプリの警告も独自に搭載しており、電池持ちに貢献しています。
クリップボードの監視などの常駐アプリなどは、自動起動アプリで許可してあげないと起動すらしないので注意してください。

防水でありません。でもお風呂の共は、Z4 tabletがいるので良しとしましょう。
micro SDカードスロットはここにあります。挿し方向が一般的な端末とは逆なので注意してください。

カメラ少しだけ出っ張っています。そんなにひっかかりは気にならなかったので良しとしましょう。
800万画素の背面カメラで、f値2.0の明るいレンズを採用しているらしいので、結構良い絵が撮れます。
Xperia タブレットより写りが良いような気がする。

前面カメラは500万画素のを搭載してるので、セルフィーもいいかも。持ち出す人にはポイント高いですね。

液晶はIPS方式で高視野角だし、独自の映像エンジンもついてるし、画面の色味もいじれるので、Xperiaの代替としては十分良いです。

Wi-Fiもacにも対応しているので問題なし。部屋の中でWi-Fiが切れやすい場面に遭遇したが再発してないので、良しとする。

キーボードとの接続も問題ないのだが、

Bluetoothキーボード接続して、設定>言語と入力 >物理キーボード>キーボードレイアウト 変更しようと思ったら、そもそも物理キーボードの項目がない。これはASUSのカスタマイズのせいだ。
ローマ字入力には問題ないが、かな入力のためのキーレイアウト編集ができないので、この時点でお外にもっていく対象から外れてしまった。

あれ、お絵描きのためのレビューになってないぞ、これは次回へ続く

ASUS Zenpad S 8.0 をお絵描き用に導入するレビュー その2
Xperia Z4 tablet を10インチのタブレットとして家用に Xperia Z3 tablet compact は変わらず外に持ち出す用として運用しよ…
sketch99.blog
created by Rinker
¥1,980 (2024/07/18 03:11:11時点 楽天市場調べ-詳細)