iPad Pro の買い替え時期を考える 何年ターンで切り替えるのか いつまで iPad OS が対応するか整理

iPad Pro の買い替え時期を考える 何年ターンで切り替えるのか いつまで iPad OS が対応するか整理

2022-11-27

1.まずiPadOSの対応機種をおさらい(PRO モデルはなんと7年経過)

iPad OS16 が2022/10に発表されまして、動作が重いなどあるかもしれませんが、16の対応iPad は 以下の通りです。

iPad Pro(全モデル)
iPad Air(第3世代以降)
iPad(第5世代以降)
iPad mini(第5世代以降)

まだ iPad Pro の全機種が対象なんです。iPad Pro が出て久しくなりますが、初登場は 2015年11月発売の 12.9インチ (apple pencil 初代と共に)なんです。
なんと7年もOSサポートが続いています。
通常のiPad はだいたい今まで5年くらいで買い替え、ペースの早い人(値が高いうちに売却して最新機種にする)は3年くらいなのかなぁという印象でした。

ただ iPad Pro って Pro の冠があるため、ノーマルiPad よりも良いCPUが搭載され、メモリも多いんです。
では 初代 iPad Pro 12.9 のスペックをおさらいしましょう。
CPU は Apple A9X メモリ 4GB ですね。

2.最低ラインのスペックから考察

上記のiPadOS 16の最低ラインは 2017年春に発売された iPad 第5世代 だと思います。
そのスペックは、
CPU は Apple A9 メモリ 2GB です。もうギリギリのスペックですね。iPadOS17では 切られるでしょう。ノーマル iPad でいうと 4年半 という結論になります。
もともと抱いていた 3年~5年のペースで買い替えとリンクしますね。

さて 初代 iPad Pro 12.9 は メモリも4GBだと CPUもノーマルと同系等であるものの 末尾に Xがついているので iPadOS17 でもしかするとサポートされるかもしれないです。
すると ProモデルのOSサポート期間は 7年~8年くらいと予想が付きます。

3.iPad Pro 11(2018)のポテンシャルを主張

2021/4月に M1搭載の iPad Pro 11インチ 第3世代を 購入し、

あとで mini6 を購入した関係で モバイルは miniに寄せて、

M1のiPad Pro は 妻の 原神 プレーと動画鑑賞用(Pro モデルはスピーカーが4台搭載されているので 音が良いんです!!)になっていました。

そこから紆余曲折があり、iPad 用 Magic Keyboard の一体感の美しさに惚れてしまい

(出た当時は、本体より重いキーボード うけるwwwだったんでがね あは)11インチのiPad Pro を買い増ししました。第3世代ではちょっと値が張るので、第1世代のものにしました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥44,800 (2023/01/29 09:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

11インチ第1世代の発売日は、2018年秋なんですが、ノーマルiPadのサポート法則に則ると あと1年くらいしかサポート猶予がないという判断になりますが、前述のPro周期の考察を踏まえると あと3年~4年 いけることになります。

なので Proモデルは最新機種に目が行きがちですが、長期間のサポート期間を考えると 2年や3年前の 型落ち品を入手して使っても、高解像度の動画編集や レイヤー数が数百を超えるような激重い画像処理、あと常に高性能寄りになるフルスペック要求のゲームをしないのであれば、大丈夫となります。

実際、iPadOS16 の 2018年モデル 11インチ iPad Pro で私レベルのイラストを描く程度なら全然 余裕です。

現に このモデルは CPUは Apple A12X Bionic メモリは 4GB(1TBモデルのみ6GB)で、最新のノーマルiPad 第10世代 は CPU Apple A14 Bionic メモリ4GB なんですが、メモリと同じだしCPUスペック的には A12X と A14 は同程度です。

4.iPad ノーマル 第10世代はCellularモデルは約9万~

iPad 第10世代は 画面やフットプリントこそ疑似 Pro系(リフレッシュレートはノーマル、スピーカは2つなので 劣化Pro)になりましたが、ペンシルは不思議な TypeC変換アダプタを介しての充電とペアリングを強要される 初代 Apple Pencil を貫いた?謎機器を 92,800円(64GB Cellularモデル)も出して買おうかなという人は 待ったほうが良いと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥68,800 (2023/01/29 01:53:18時点 Amazon調べ-詳細)

11インチ iPad Pro 第一世代 の 2022年秋の中古相場は、約55000円(64GB Cellularモデル)です。また同程度のスペックである iPad Air 第4世代もそのくらいです。
(Proの方がリフレッシュレートとスピーカの良さがあります。Pro は FaceID認証 Air は 側面ボタン TouchID との違いあり )

5.結論 自己責任部分があるものの PROモデルの中古は狙う価値あり

たしかに中古品は、バッテリーの心配もあります。
傷や故障の率も新品よりは高くつきます。新品は新品のよさがあります。

でも それを差し引いても、まず、iPad 第10世代の 92,800円は高すぎじゃないですかね。おすすめしません。
apple Pencil 第二世代対応して、SmartConnect も背面だったら 少し変わってきます(実際 自分的には Pencil の世代交代と iPad Magic Keyboard が対応していたら検討範囲だった)が、円安のタイミングかぶり 今までの 5万円程度で簡単iPad を楽しむ入門機でもなくなった iPad 第10世代 は ナシでしょと思います。

また今の円安値上げを二回もうけている M1の第3世代や 今年に発売された M2搭載 の10万円14万円越えの最新機種寄りのを買うのも、先程のサポート期間の考察も加味して、普通のProユーザ(最新性能をもとめる プロユーザとは区別して)でしたら 11インチ iPad Pro 11 第1世代の 約55000円 は アリという結論です。(ストレージをランクあげると ランク毎に +7000~10000円になります)

apple pencil 第2世代 で そこそこ 動く 4年前のPro モデルは 全然 現役で、あと3年~4年 いけるという評価でしたー。 12.9モデルでも中古相場は +15000~20000円ですが、同じ理論で アリです。

created by Rinker
¥18,479 (2023/01/29 12:46:32時点 楽天市場調べ-詳細)

追伸:今 家に iPad Pro11(M1搭載 第3世代) と、 iPad mini6(A15搭載 2021年秋発売)と、iPad Pro 12.9(第3世代 2018年発売) と iPad Pro11(第1世代 2018年発売)があります。計四台。(大杉