Wifi6 にしてみよう 中継機 WEX-1800AX4 レビュー

Wifi6 にしてみよう 中継機 WEX-1800AX4 レビュー

2021-12-25

家のWifi環境を無駄に11axに対応させるため、親機のルーターをWSR-3200AX4S に買い替えたわけですが、

Wifi6 にしてみよう無線ルーター WSR-3200AX4S レビュー
2020年あたりに制定された11axがWifi6と呼ばれていますが、普及価格帯の商品が少なく手を出していませんでしたが、そろそろこなれた価格帯のものが出てきたの…
sketch99.blog

光の元線ってリビングにあるじゃないですか、仕事部屋に鎮座するデスクトップは、無線を搭載してないので(最近のデスクトップは無線対応のものも増えてきましたね)、有線。

フレキシブルなLANケーブルもあるので無理すれば隣の部屋だし伸ばせるんですが、なんかめんどくさいので無線中継機を使っていました。

今まではWLI-TX4-AG300Nを使っていたのですが、それはnasneの方に移して(ナスネちゃんは2台あるので今まではWLI-UTX-AG300/Cを2つ使って無線化していた。)新しい中継機をこれもPayPay大還元祭に乗じて購入。

ちょうど3月に新商品として WEX-1800AX4 が出たので、クーポンや還元を駆使して4千円くらいでゲット。

created by Rinker
バッファロー
¥7,280 (2023/05/28 06:27:37時点 Amazon調べ-詳細)

コンセントに直挿しして使えるタイプで、上部には突起などもなくフラットで下に本体が伸びているので、コンセントの下段に挿せばちょうどよいスタイルになっています。

購入後、思ったのは割とでかいな。と思った。
iPhone Plusくらいかな。大きさは 85×141×33mm です。

親機との組み合わせはAOSSであっさり設定できるのと、底部に有線LANの口も備えているので、無線ブリッジとしても機能します。

我が家には100Mbpsのハブしかなかったので、急遽ギガハブも2千円ほどでゲットして、有線ありの無線中継が可能になりました。

2LDKにしては、贅沢な構成になっています。
今度デスクトップを買い換える時には無線LAN付きのものにして、もっとシンプルにしようと思う。光の速度100Mbpsしかないのに、9割自己満足な感じのWifi6環境を構築して、また十年選手を育てようとしているのでした。