Anker MagGo 622 は rhinoshield ケースでギリギリ使える

Anker MagGo 622 は rhinoshield ケースでギリギリ使える

Anker MagGo 622 をためしに購入してみました。

created by Rinker
Anker
¥6,990 (2022/12/09 15:49:52時点 Amazon調べ-詳細)

iPhone 12 シリーズ以降の MagSafe に対応した モバイルバッテリーです。
MagSafe は 無線充電の欠点であるズレているとうまく充電できない点を克服している良い機能ですよね。

Anker MagGo 622 は iPhone を1回分くらい充電できる 5000mAh の容量をもっています。背面のあるケースでは、MagSafe に対応したケースでないと充電できないとの注意があります。

私自身は軽さと耐衝撃を兼ねて、rhinoshield ライノシールド のケースを使っています。
ライノシールドのケースは基本背面がありません。バンパーケースです。

created by Rinker
¥2,990 (2022/12/09 07:55:32時点 楽天市場調べ-詳細)
rhinoshield ライノシールド バンパー For iPhone 13 mini レビュー
iPhone 13 mini を発売時にゲットできました。もうすぐ1ヶ月?Pixel 3 の頃から愛用している rhinoshield ライノシールドさんのバン…
sketch99.blog

まず縦で装着してみます。やはりiPhone13 mini だと筐体が小さいこともあり、ケースとぶつかりますね。不安定ながら充電マークは付きますが、手で握っておく必要があります。これだとせっかくのMagSafe の意味がないですね。
無線充電の熱損失分を考えると、Anker MagGo 622 は TypeC が使えるので liningケーブルを使った方が良さそうです。

Anker MagGo 622 は背面のパーツを折って、スタンドになるようになっています。
幸い横で装着すると、なんとか磁力で保持できるので、スタンドしながら充電ということはできそうでした。

なので、Anker MagGo 622 は rhinoshield ケースでギリギリ使えます。
重さは5000mAhにしては少し重い 144gくらいです。