iPad Pro 13インチ (M4) 用の Folio 対決 apple Smart Folio vs PITAKA MagEZ Folio 2

iPad Pro 13インチ (M4) 用の Folio 対決 apple Smart Folio vs PITAKA MagEZ Folio 2

スポンサーリンク

今回の経緯

2024/5/15 に発売された iPad Pro 11インチは、購入を踏みとどまったものの、iPad Pro 13インチ (M4) の方の軽量化に気絶して、購入に至りました。

iPad Pro 11インチから 13インチの iPad Pro (M4) に乗り換えた 軽さは正義 Magic Keyboard スキンシール もついでにレビュー
11インチはそんなに軽量化に成功してない 新しいiPad Pro が 2024/5/15 に発売されて、期待していた 11インチの Magic Keyboard…
sketch99.blog

基本 Magic Keyboard for iPad Pro (M4) と利用しますが、絵だけ描きたい時用だったり、気分転換でPC用の Magic Keyboard とマウスの組み合わせを試す時用の保護目的に、ふたつの Folio ケースを購入して比較します。

apple Smart Folio for iPad Pro (M4) について

created by Rinker
Apple(アップル)
¥17,081 (2024/07/18 17:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

初の進化で角度が4段階に

今回の iPad Pro 13インチは、大きさや厚さなどが、既存の12.9インチと異なるため、apple pencil や Magic Keyboard 、他ケースについても、磁石の位置が変更されたことにより互換性がありません。

磁石の位置が変わっただけかなと思いがちですが、今までのFolio ケースとは違う点があります。
ついにapple 純正のケースで、角度調整ができるようになりました。
今までの Smart Folio では、クルりと丸めて三角形を蓋部分で作り、それを支えにします。
この三角形は固定なので、iPad の下側にするビューモードと、iPadの上側にする ペンモード(お絵描きモード)の2種類のみでした。

しかし新しい Folio は 磁石の位置を変えると共に、少し強力にしてきたおかげで、ビューモードの時に本体の背にカバーの一辺を磁力でくっつける方式に変更になったので、3段階に切り替えることができるようになりました。ペンモード(お絵描きモード)と合わせて、4段階の角度で利用できるようになりました。

その角度は 60° 70° 82° と 10°

ビューモード(蓋部分を畳んだ三角形をIPad の下側する)では、3段階の位置調整ができますが、垂直に近い 82°の他に、 70° と60° に調整することができます。
従来のものは三角形を作って、それに寝かす感じで、60°固定のみだったので、より鋭角の角度を保持することができるようになりました。
82°は少し鋭角過ぎる感じもしますので、あまり利用しないかもしれません。

ペンモード(お絵描きモード) では、三角形の底部の位置が固定され支え方は従来通りですが、従来のものは15°ほどだったのに対して、三角形の形が異なるため 10°くらいの角度の固定です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥17,081 (2024/07/18 17:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

重さは約290g

apple Smart Folio for iPad Pro (M4) 重さは、約290gでした。
第5世代の12.9インチの Smart Folio の重さき、約260g と記憶しているので、少し重くなりました。
角度調整のために磁石を追加したせいだと思います。

総評

apple Smart Folio for iPad Pro (M4)は、初めての角度変化がつけれるようになりました。
しかしながら、使う角度が60〜70°だと思うので、選択肢はあるものの、実用性にかける角度も含まれるため、次機種の改善に期待です。
また、apple 純正なので、品質はとても良いのですが、17800円もするので慎重に他の Folio 系のケースカバーと比較して決める必要があります。

PITAKA MagEZ Folio 2 について

created by Rinker
PITAKA
¥8,499 (2024/07/18 17:48:48時点 Amazon調べ-詳細)

特徴はその折り目にあり

蓋側に折り目が入っています。
その折り目は、谷折りと山折りの2種類選択できて、自然な折り方になる谷折りでは、横向きに53°のビューモードと34°の ペンモード(お絵描きモード) になります。

53°は若干角度として緩いものの、キーボードを使ったり、動画を見たりするのに、まぁ許容できる角度です。34°は今までFolio 系のケースカバーに慣れていると、少し角度が付いて驚きますが、絵を描いてみたものの、まぁ許容できる角度でした。

縦にもできるのも特徴

iPad は 登場してから今まで 縦長の状態で使うのがメインという思想からカメラは短辺の方に付いていたのですが、キーボードなどを使うようにもなり、よりそちら側に寄せるように、2024年の iPad Pro と iPad Air シリーズから カメラが横向きにした時に上部になるようになりました。

それでもPCのサブディスプレイなどで利用する時縦で使う時もあるでしょう。
蓋側の折り目を山折りにすると、横向きには 57° と 縦向きには62° の角度で保持可能になっています。
縦で保持できるFolio 系のケースカバーはこれだけじゃないでしょうか?

ペンホールド用の部分が結構便利

apple pencil に Proになったことで探す機能が追加されたものの、そのままだとポロリということもたまにあります。このケースカバーでは、ペンをホールドする返しがあります。
移動時は、蓋側に仕込まれた磁石でそこそこの力で保持することができます。

また利用する時はペラペラして邪魔かなと思いましたが、裏返しにして、本体裏側に仕込まれた磁石にて邪魔にならないようにすることも可能です。

created by Rinker
PITAKA
¥8,499 (2024/07/18 17:48:48時点 Amazon調べ-詳細)

重さは約320g

PITAKA MagEZ Folio 2 の重さは 約320gです。apple 純正のものより重いですが、謳い文句が 「スタンドを兼ねるiPadケースの95%よりも軽量です」なので、軽い部類に入ります。

総評

ギミックとしては面白いものの、もう少し角度にバリエーションがあると良いとは感じます。
縦で利用できる利点もありますし、apple 純正の約半額で購入でき、それでも他のケースよりかは高いので、その分丁寧な作りと質感があります。

結局私の選択は PITAKA にしました

メインの相棒は、Magic Keyboard for iPad Pro (M4) でapple 純正なので、

iPad Pro M4用の Magic Keyboard 比較
iPad Pro M4 の11インチが新Magic Keyboard 込みで1kg切らなかったので、M2のProのままで行こうと決めたのに 13インチ版が 1.…
sketch99.blog

PITAKA MagEZ Folio 2 を選ぶことにしました。 apple Smart Folio も質感や品質の面では1番だと思うので、そちらを選ぶのもありだと思います。

created by Rinker
PITAKA
¥8,499 (2024/07/18 17:48:48時点 Amazon調べ-詳細)
iPad Pro 13インチ で PDA工房さんの ペーパーライクフィルム と 背面に ClearView さんのカーボン調フィルム を貼付レビュー
当初 iPad Pro 11インチ 2022モデル(M2) からは乗り換えない宣言をしていましたが、13インチの方がかなりの軽量だと分かり、気絶しました。発売日…
sketch99.blog